japanshielderの倉庫

溶けかかった脳みそからヒラメキを搾り出した過去の頁

世の中の常識は非常識という偏見こそ人生を楽しく生きるための糧である

韓国

【妄想第2弾】

妄想第2弾。

 

「内憂外患の韓国大統領 支持率50%割る スト長期化、北朝鮮が影響」で「韓国で朴槿恵大統領の支持率が急落している。」という内容の産経の記事があった。北朝鮮の影響は「張氏処刑後の北朝鮮が挑発を強める懸念が高まる中、朴政権は内政問題の解決にも追われているのが現状だ。」だそうだ。

 

「張氏処刑後の北朝鮮」が妄想の引き金を引いた。妄想第1弾では米国が「金正恩を暗殺する」のではないかと書いた。その観点で考えると、朴槿恵大統領の行動は北朝鮮「金正恩暗殺計画」Xデー作戦をすでに承知しているのではないかと理解できる部分がある。

 

北が解放されれば半島は統一できる。しかし、それが米国による解放だから、中国が軍隊を派遣し紛争となる。そこで、Xデーに備えて中国に媚びへつらっているのではないだろうか。中国と友好関係が構築できれば中国軍の進軍を押さえ込むことができる。だから、中国に媚びるために反日プロパガンダを徹底する必要があったのではないか。

 

韓国経済が低迷しようが祖国統一の方が意義は大きい。祖国統一は誰も成し遂げていないそんな千載一遇のチャンスを目の前にしたら、誰が大統領でも飛びつくに違いない。朴槿恵の頭の中はお花畑が広がっているに違いない。

 

米国によるXデーがなくとも、朴槿恵がお花畑思考であれば韓国が消滅して、半島統一が実現するかもしれない。半島情勢からしばらく目が離せない。

【悪女】・・・今、隣国にアジアで話題の人がいる。

悪女の定義とやらを見つけた。

 

昔は日本にもウヨウヨいたが、さきの参院選で淘汰されたのか最近見かけない。

 


 

「欲求に忠実なため時に周囲を翻弄する女性」

 

「周囲の力を利用して目的達成をする女性」
 

「男性の下心を利用したり、モラルとはズレた行動をすることもある」

 

「自分軸で物事を判断するため、周囲からの批判も多い」

 

 

今、隣国にアジアで話題の人がいる。

 


 

【悪女】・・・今、隣国にアジアで話題の人がいる。

悪女の定義とやらを見つけた。

 

昔は日本にもウヨウヨいたが、さきの参院選で淘汰されたのか最近見かけない。

 


 

「欲求に忠実なため時に周囲を翻弄する女性」

 

「周囲の力を利用して目的達成をする女性」
 

「男性の下心を利用したり、モラルとはズレた行動をすることもある」

 

「自分軸で物事を判断するため、周囲からの批判も多い」

 

 

今、隣国にアジアで話題の人がいる。

 


 

【品位】・・・君らはどこの馬の骨か

中国外務省、日中首脳会談なしは日本の責任

 中国外務省の秦剛報道局長は8日、正式な日中首脳会談が見送られたことについて「日本は中国の領土問題に関する立場と関心を正視する必要がある」と述べ、責任は日本側にあると主張した。非公式会談についても「予定はない」とした。

 アジア太平洋経済協力会議APEC)首脳会議が開催中のロシア極東ウラジオストクでの記者会見で語った。

 秦氏は「日本側が実際の行動で示すことで、中日が共に危機回避に動ける」と指摘、日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化の動きを止めるべきだとの考えを示し「中国政府と国民は断固として国家の主権と領土を守る」と強調した。

 日中が掲げる両国の戦略的互恵関係については「現在の緊張した局面を緩和してこそ推進が可能だ」と述べ、日本側が局面打開に向けて「考える必要がある」とした。(共同)<引用 産経配信


 

国としてのこれまでの経過を踏まえた立場を持って臨むのが外交だ。中国の外交に対する姿勢が正しいに違いない。

 

一方で、韓国の李明博大統領とは握手をしたというから驚きである。

 

「目があって自然に握手をした。言葉は交わしていない」

 

握手をさせては今後の韓国への制裁ができないではないか。それを未然に防ぐのが随行の外務省職員の仕事ではないのか。ボケナス。

 

これで「シャンシャン、手拍子」ではあるまいな。

 

総理大臣としての品位や常識が欠けているのではないかと疑う。

 

 

君らはどこの馬の骨か


野田首相と韓国大統領、笑みを浮かべて握手 APEC

 野田佳彦首相と韓国李明博大統領が8日、ロシア極東ウラジオストクでのアジア太平洋経済協力会議APEC)首脳会議の会場で互いに笑みを浮かべながら握手する一幕があった。李大統領が島根県・竹島に上陸して日韓関係が悪化して以降、両国首脳が顔を合わせるのは初めて。

 首相は同行記者団に「目があって自然に握手をした。言葉は交わしていない」と説明した。

 首脳会議の座席は英語のアルファベット順に並んでおり、Jで始まる日本とKの韓国は隣同士。首相が他国の首脳と話した後、自席に座ろうと振り返った際に隣席の李大統領と目が合い、互いに手を差し出した。首相は目尻にしわを寄せて笑顔を見せ、大統領も笑みを浮かべた。着席後はメモしたり、書類に目を落としたりで目を合わせることはなかったという。

 日韓両政府はともに領有権を主張する竹島問題をめぐる対立先鋭化を踏まえ、APECの際の正式な首脳会談は開催を見送った。<引用 産経


 

 

【座礁】・・・海難救助訓練が必要な韓国(予定稿)

船舶が座礁すると身動きが取れなくなる。見えない暗岩や、潮の干満で見える洗岩・干出岩ならともかく島に乗り上げるのだから、よほど操船が下手なのだろう。

 

「船頭多くして船山に登る」を地でいっている韓国。

 

船長は自船の船体に穴が開いていないか心配するのが先だと思うのだが、気にしていない様子。

 

潮が満ちてきている。

 

大きな穴が開いた韓国丸は間もなく沈没する。

 

船を捨てて、人命救助するのが船長の任務なのだが、沈没する船が安全と胡坐をかいている。

 

韓国民は乗った船が悪かった。万省し諦めるしかない。

 

防衛訓練ではなく海難救命訓練が必要に違いない。

 


 

韓国は海難救命訓練が必要です。

 


島根県・竹島は日本の領土です。


 

【反日】・・・違いの分からぬ韓国人

ロンドンオリンピックでの韓国サッカー選手による「竹島」政治アピールに端を発した体操女子ユニフォーム「旭日旗連想」の言いがかりについて一言。


  

 

韓国人の「体操のユニフォームが旭日旗を連想させる。日本もメダルを剥奪されなければならない」という感覚が理解できない。

 

旭日旗をそのままモチーフにしたとでもいうような発想は韓国人くらいなものだろう。似ているものは何でもこれだと決め付けてしまう。

 

太陽と月は丸いから同じだとか、エッフェル塔と東京タワーは同じ。下駄と草履は同じもの。

 

韓国人的発想でいけばメダカはマグロを連想させるのだろう。スズメがカラスを連想させるのだろう。

 

想像力逞しいのは結構だが世界平和のために寄与する発言ではない。

 

世界のトラブルメーカー韓国は国際社会から排除されても仕方ないだろう。 

 

 


 

   

 

日本では国章について法令上の規定がないが、伝統的に天皇が使用している菊花紋章(十六八重表菊)、政権担当者が使用する五七桐花紋、パスポートに使用されている菊花紋章(十六一重表菊)が国章に準じた取り扱いとされている。この菊花紋章 と 日章旗を組み合わせると体操女子ユニフォームのデザインとなるに違いないとチンピラ親父は想像する。

 

 

日本の親善大使としてのユニフォームとしては優秀な出来である。

 


反日教育で洗脳された違いの分からぬ韓国人に話しをしても無駄だなことだが。


 

 

【捨駒】・・・君 ちょっと行ってくれないか

民主党野田内閣は「消費増税法案」を自公との談合でどうにか可決した脆弱内閣である。「毅然とした対応」など「近いうち」に期待できるのだろうか。

 

日本は韓国李明博大統領の暴挙に対して「国際司法裁判所への提訴」「日韓SWAP協定破棄」「韓国国債の売却」といった穏やかに見える措置を採っていくのだろう。

 

しかし、野田総理には「竹島」も「尖閣」の騒ぎは「これまでもあった」こと。今回は「天皇陛下を賤しめた李明博大統領の行動発言に対し国民が怒った」という認識しかせずに国民の怒りをいかにして鎮めるかという思考をしてはならない。

 

もちろん、国民も「竹島」に関する今回の韓国の挑発ですぐに武力による紛争はすべきでなく、平和な方法でできることからやるべきとの意見だろう。しかし、この穏健派の意見を真に受けていると火勢が強くなり消すことができなくなる可能性がある。

 

「国民の怒りをいかにして鎮めることができるか」とか「両国をいかに丸く収めるか」といった思考を続けることは「近いうち」武力衝突へ突き進むことになると忠告する。

 

それは、武力による防衛という選択肢をはじめから除けば、抑止が働かず相手方が一方的な武力攻撃を起こす危険性があるからだ。これまで日本は平和な方法を選択してきた。すでに人的武力攻撃は竹島であり、尖閣ではなかったのか。

 

韓国は推定射程距離1000Kmの地対地ミサイルや推定射程距離1500kmのミサイルを既に配置している。南北対立による北朝鮮を狙うことを目的としているが、日本に照準を合わせることが出来る。射程1000km以内の範囲は北は秋田、東が東京そして九州もきっちり射程に納まっていることに留意すべきである。

 

 

そんなミサイル配備も李明博の暴挙に繋がっているに違いない。キチガイに刃物。キチガイにミサイルの韓国である。

 

歴史改竄、反日教育で竹島を実効支配した韓国は李明博に限らず誰が大統領になっても反日であり変わることはないに違いない。

 

武力紛争があることを前提にした対応としての抑止を熟慮しつつ制裁措置を推し進めていかなければならない。


日本が中国の活動家を尖閣に上陸させてしまったのは、ミサイルを発射されて日本が迎撃できる体制だったのに、「迎撃するな」といって、着弾を許すような思考である。 野田総理をはじめとする内閣の「国民を守る意思」の欠如こそ危険思想である。事なかれ主義のツケは大きい。

 

韓国へは「国際司法裁判所への提起」「日韓SWAP協定破棄」「韓国国債の売却」と対応措置は考えているだろうが、韓国のミサイルが発射されれば日本に多くの犠牲者が出る。自衛隊による防衛システムの防衛レベルを高め、韓国の軍事暴発が起こらないよう抑止しながら行うべきである。

 


 

「近いうち信を問う」ことが誤りなのだ「すぐに信を問え」

 

国民が民主党野田政権の捨て駒にされてはたまったものではない。

 


 

君ちょっと行ってくれないか 

 

すてごまになってくれないか

 

いざこざにまきこまれて

 

死んでくれないか

 


 

兵役を免れるためにサッカー選手になるような韓国に愛国者などいるわけがない。

 

口先だけの愛国者で組織される軍隊など屁でもない。

 


チンピラ親父は軍隊を持ち合わせていない。

 

潜水艦もなければ、戦闘機も持っていない。

 

無念である。

 

しかし、韓国などフリクション・ボールで書いたような国だ。

 

いつでも消せる。

 

 

 

頭の熱い反日韓国民のウソをすぐ消せる便利なボールペン。

 

「韓国」と書いて擦ってみればすぐ消える不思議なボールペン。

 

発売元「すぎかきすらの はっぱふみふみ」

 

今日から「すぎかきすらの かんこくけしけし」に社名変更するかもしれない。

 


 

みじかびの きゃぷりきとれば すぎちょびれ 

すぎかきすらの かんこくけしけし

 

 


 

今日はこれで我慢しよう。

【在日】・・・「日韓基本条約」破棄

日本国は天皇を君主とした国民主権の国家である。

 

韓国李明博大統領が日本国天皇を賤しめた事実は暴挙であり、竹島不法占拠並びに同大統領が上陸したことは、日本に対する宣戦布告に等しい。

 

在日韓国人における日本国内における処遇は日韓基本条約が根拠となっている。当然ながら「日韓基本条約」が破棄される方向に進むだろう。

 

そのとき問題となるのは在日韓国人の処遇である。在日韓国人はこれまでのような国内法の特別規定の適用から除外される。よって、天皇を君主とする日本国民として帰化するか、韓国へ戻るかの道を選ばねばならなくなるということだ。

 

「日韓基本条約」締結の際、朴正期煕大統領は「韓国政府による在日同胞の安全と自由についてより積極的に努力し可能な最大限の保護を行うことを約束する」とした。

 

日韓基本条約が破棄されるまでに在日韓国人は身の置き処を決めなければならないだろう。

 


 

国交が正常であれば問題もないところであるが、韓国では執拗な反日運動が展開され、それが大統領自ら行うというのは異常である。また、日本国領土竹島の実効支配は裏切りであり、「日韓基本条約」が破棄される方向へ向かうことになるのは誰が考えても当然のことである。

 


【信書】・・・「미치광이李明博?」

標題に「미치광이李明博」と記した。ハングル文字「미치광이」の読み方が分からないが李明博と関係があるから載せてみた。意味は「奇智外(優れた知恵の外)」らしい。

 

韓国ではもうすぐ大統領選挙があるという。自ら再度大統領になりたいのだろう。大統領を引き続きするためには手段を選ばないようだ。このような미치광이大統領を韓国国民がどう判断するか見ものだ。「類は類を呼ぶ」「미치광이미치광이」を選ぶに違いない。

 


 

iZaブログはインターネットで繋がっているから韓国でも閲覧できる。日本語でしか書かないから日本語を読める韓国人しか読まないに違い。

 

しかし、韓国人すべてに読ませるために韓国語にパソコンで翻訳したのではなんと訳されるか分からない。

 


 

韓国語にかかわらず、外国語の入門書や実用○○語入門には、喧嘩で使う言葉が載っていないからほとんど役に立たない。語学は目的を持って学習すべきだ。チンピラ親父は今少しだけ必要性を感じた。

 

今日はこんなもんでいいだろう。

チンピラ親父のブログも少しインターナショナルになった。

言葉はコミュニケーションである。大事なことが伝わればそれでよい。

 


  

미치광이李明博?

 


  

「韓国 国技歴史改竄 万省!」

 


  

【激怒】・・・李明博は何様だ

 謝罪するなら来なさい…天皇訪韓で李大統領発言

 

 【ソウル=中川孝之】韓国の李明博(イミョンバク)大統領は14日、天皇陛下が「訪韓したがっている」との認識を示した上で、「(日本の植民地統治期に)亡くなられた独立運動家を訪ね、心から謝罪するなら来なさいと言った」などと述べた。

 

 大統領による天皇陛下への「謝罪要求」は極めて異例で今後、波紋を呼びそうだ。

 

 大統領の発言は14日、忠清北道の大学で行った教員との会合の席上であった。大統領府によると、李大統領はまた、「『痛惜の念』との言葉だけなら、来る必要はない」とも述べた。

 

 「痛惜の念」は、1990年5月、当時の盧泰愚大統領来日時、宮中晩さん会での天皇陛下による「お言葉」の中に含まれている。

 

 大統領は、10日に強行した竹島上陸について、参加者から質問が出たのに対しては、「日本は加害者と被害者の立場をよく理解していない」と、改めて対日批判を展開。「私は(日本を)国賓訪問したくない」などと語った。<引用 読売

 


 

許しがたい男だ。

 

チンピラ親父は激怒している。

 

恐らく引用記事を読んだ諸兄も血が騒ぐに違いない。

 

この際国交断絶をしなければならないようだ。

 

国際司法裁判所への提訴は1965年の日韓基本条約が効力を持っているので国交破棄し国交断絶しなければできないようだ。(下記の引用を参照していただきたい。)

 


 

 

 

東大出身の保坂教授、「日本のICJ提訴は理にかなっていない」

中央日報日本語版 814()948分配信

 

 

日本が独島(トクト、日本名・竹島)問題を国際司法裁判所(ICJ)に提訴するとしているが、実際に行動に移すことはできない鎖が1965年の韓日基本条約にすでにかけられているという分析が出てきた。両国政府が65年6月22日に基本条約に署名し同日締結した「紛争解決のための交換公文」により日本のICJ提訴は基本条約の破棄、すなわち韓日国交破棄を意味するためということだ。

 

世宗(セジョン)大学の保坂祐二教授(独島総合研究所所長)は13日、日本外務省から入手した「紛争解決のための交換公文」を公開し、日本のICJ提訴に対する基本的制約条件をこのように明らかにした。交換公文とは修交や平和条約を署名し領土問題など将来対立が発生する状況に備え両国が内容解釈問題を規定した外交文書だ。この交換公文には「両国政府は別に規定がある場合を除き両国間の紛争であり外交上の経路を通じて解決できない問題は両国政府が合意する第三国による調整によりその解決を図る」と規定されている。保坂教授は「独島が紛争地域という日本の主張が交換公文から削除され韓国は独島を紛争地域と認めなかった。したがって交換公文の紛争解決方式も独島には適用されない」と話した。彼はまた「ICJによる解決方式は交換公文から除外されたので韓日紛争はICJに回付されない」と付け加えた。

 

このような理由から日本外務省は65年の基本条約と交換公文締結後、国際法的に独島を日本が所有する根拠が消えたとして大きく失望したと保坂教授は伝えた。ICJに独島問題を提訴しようと日本が韓国に公式提案したのはこれまで54年と62年の2回だけだったが、すべて65年の基本条約署名以前だ。当時韓国政府はICJ行きをすべて拒否した。

 

日本は65年以後ICJ提訴を一方的に議論しただけで韓国に公式提案したことはない。日本政府も条約の意味をわかっているので自国の世論を意識し、「ICJに提訴する」と公言しながらも行動に移すことができなかったというのが保坂教授の指摘だ。彼は「日本が李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島訪問(10日)後にICJ提訴をうんぬんするのは理にかなっていない」と話した。東京大学出身で2003年に韓国に帰化した彼は独島研究の権威者だ。<引用終わり


 

 

わが国君主であられる天皇陛下を侮辱する高慢な李明博を許すわけにはいかない。

 

数々の暴挙が続き、歴史をも改ざんしている韓国との国交を破棄すべきである。

 

 


 

韓国と国交を断絶すべきである。

 


 

 

 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: