japanshielderの倉庫

溶けかかった脳みそからヒラメキを搾り出した過去の頁

世の中の常識は非常識という偏見こそ人生を楽しく生きるための糧である

健康

【天寿】・・・健康に死にたいものだ

中国の養豚場に薬剤耐性菌 人の感染症に影響も

 

中国・福建省の養豚場。抗生物質の使用によって薬剤耐性菌が広まり、人の健康への懸念が生じている(米ミシガン州立大などの研究チーム提供)

 

 家畜向けの抗生物質の使用によって、中国各地の養豚場で飼われているブタにさまざまな薬剤耐性を持つ細菌などが広まっているとする研究結果を、米ミシガン州立大や中国の研究チームが11日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

 周辺の農地の土からも細菌の耐性遺伝子を確認。排せつ物を利用した肥料を通じて広がった可能性がある。チームは「耐性遺伝子が人の病原体に取り込まれて治療が困難な感染症が多発しかねない」と警告。抗生物質の適正使用や監視体制の整備を求めている。中国は世界最大の抗生物質の生産国と消費国。家畜の病気を防ぐ目的で大量の抗生物質が使われているが、明確な規制がないという。(共同)<引用 産経配信


厚生労働省のHPで多剤耐性菌の動向に関する意見交換会の資料を見てみた。

これまでの多剤耐性菌で目につくのは、多剤耐性アシネトバクター、米国34%、ドイツ5.6%、台湾15.18%、中国59.4%、日本0.2%で、多剤耐性緑膿菌は米国4%カナダ5.9%、ヨーロッパ6%、韓国1.8%中国24.7%、日本2.4%である。

 

諸外国ではかなりの出現率なのだが、日本は多剤耐性緑膿菌の2.4%が高く、後はコンマ以下のパーセンテージだ。中国は多剤耐性アシネトバクター59.4%、多剤耐性緑膿菌24.7%となっている。

 

アシネトバクターが複数の抗菌薬に対する耐性を持ったとされる。韓国、中東、米国などの医療機関で治療を受け帰国した患者から見つかっている。統計で使われていた緑膿菌は人の体内に僅かに存在する腸内細菌の一種でそれが抗菌薬に対する耐性を持ったものということになるようだ。そして、これらの菌が院内感染症の原因となる。 

これらの菌は人の体に存在する菌である。しかし、その菌が何らかの原因で常にいる場所から移動したときに問題が出るようだ。

多剤耐性菌は薬剤の使いすぎにより耐性を持つが健康な人は影響を受けない。病気になって免疫力が低下したときに悪さをするらしい。このとき、薬が効かないことになる様だ。

病気にならなければ何ら心配がないが、中国では大気汚染による呼吸器疾患が増えるだろうから、多剤耐性菌により治らない病気に進展する可能性もある。 

また、インフルエンザにおいてもワクチン投与を拒否した者が半数以上の7億人はいる。これらの者がインフルエンザに罹患する可能性があり注意が必要に違いない。

中国人自らが金に目がくらみ起こしていることだから自らの命をなくすのは仕方ないにしても、そうで無い者まで巻き添えで死んではたまったものではない。


中国では東医と西医の2種類の医者が存在する。東医は漢方を処方したり、鍼を打ったりする。或いは、そんな鍼が多剤耐性菌の感染を増やしているのかもしれない。中国の多剤耐性アシネトバクター59.4%、多剤耐性緑膿菌24.7%という数値は異常に見える。 

中国は呼吸器疾患で国が亡びるのではないかと心配している。中国共産党は滅びても人民には罪がない。尖閣諸島をターゲットにする暇があったらスモッグをどうにかするほうが先ではないのかと心配している。お金をいくら稼いでもあの世まで持ってはいけないことを中国人は4000年の歴史で学ばなかったようだ。

日本の課題は多剤耐性菌だけを阻止すれば生き延びることができるに違いない。サーベランスを強化するしかないだろう。日本人は薬を飲むことを止めれば、健康で死ねる。麻生大臣が云いたかったのはそういうことではないのかと怪しんでいる。


 

「天寿を全うする」 という言葉は無為自然に死ぬことではないだろうか。

 


 

【禿頭】・・・雨が降ったら傘をさせ

小学生のころ、先生が「雨が降ったら、傘をさせ」ということを言っていた。中国で核実験をしてその放射能が日本に飛来するという話から来ていたようだ。

 

「雨が降って傘をささなかったら頭が禿げる」というおまけ付だった。

 

なんと、凡そ50年もたって同じような話が繰り返されようとしている。

 

今回は「マスクを着用せよ」と子供たちに言って聞かせるのだろう。

 


 

東日本大災害の瓦礫処理の際はN95マスクを使用した。一般のマスクでは透過してしまうような微粒子を防ぐという。

 

 

このマスクは米国労働安全研究所の規格で

N95マスクで0.1から0.3μmの粒子を95%以上除去できる性能。

N99マスクは0.1から0.3μmの粒子を99%以上除去できる性能。N100マスクで0.1から0.3μmの粒子を99.97%以上除去できる性能とされている。

 

数年前にインフルエンザが流行してからマスク着用者が多くなったが防塵用効果は十分ではない。防塵用のN95マスクは効果があるだろうが、着用するには抵抗がある。

 


 

煙突から出た煙が問題なのだから、工場内に大型掃除機を設置し、煙突からその煙を吸い込めば少しは除去できるに違いない。

 

公害を是正するのは中国共産党政府の責任である。

 

 


 

 

【ノロ】・・・医者があまり感染しない理由

医者や歯医者は細菌やウィルスに感染しないという話を聞いたことがある。医者や歯医者は様々な保菌者と接しているために常に感染しているが、発症までに至らないだけだというのだ。

 

ある程度健康な人であれば、雑菌に対する抵抗力や免疫力があり発症しないのは頷ける。

 

薬の毒性を知っているからこそ自らはあまり薬を使用しない。チンピラ親父の知り合いの医者は長命である。そして、大きなボケもない。

 

薬剤など使わずに雑菌と仲良く生活しているからではないかと怪しんでいる。

 

ノロウイルスで死亡したもの多数が出た病院がニュースになったが、薬漬けになった健康でない(免疫力の低下した)人が入院しているのだから、発症するのは当然で、運が悪いというだけだろう。

 

病院に安全を求めるのは勝手だが、日本中の病院で安全なところなどある筈がない。たまたま、ノロウィルスのキャリアがいないか、あるいは、免疫力で対応不可能な量の菌を持ち合わせていないだけの話だろう。

 

自ら病気にならないよう、また、薬などの慢性投与によって免疫力を低下させないような生活をすべきである。それができれば、少しは長く生きられるかも知れない。 

 

菌を繁殖させるには封をしたシャーレで行われる。病院は密封されたシャーレとどこが違うのか。チンピラ親父には同じに見えるのだが。

【予防】・・・ノロウィルス対策

ノロウィルスが猛威を振るっているようだ。

 

人間の体には何百種類という細菌が同居している。その細菌がウィルスを食べてくれればいいと簡単に考えるがそうも行かないようだ。

 

チンピラ親父はここ数年インフルエンザも普通の風邪も感染していない。いや発症していない。

 

バカが酷くなったからかもしれないがそれだけではないようだ。

 

これはひとえに「喫煙」による効果ではないかと怪しんでいる。

 

まず、朝起きてから夜寝るまでにタバコを20本は吸っている。起床後、コーヒーを飲んでいると咳き込むことがあるのだが、その時に喉に力を入れると痰が切れて出てくる。

 

のどの奥の粘膜にタールやニコチンが付着しているのだろう。

 

仮にノロウィルスが入り込んでもこの粘膜に一緒に付着するが、タールやニコチンにウィルスがもぐりこめずにもたもたしているうちに、痰と一緒に体外に排出されてしまう。

 

ウィルスは単独では増殖できないから細菌などの細胞に侵入し、細胞分裂で増殖する道しかない。となれば、その細菌の増殖が抑えられつつ体外に排出されれば、発症する確率は低くなるのではなかろうか。

 

非喫煙者の場合、ニコチンやタールの混じった痰を体外に排出する必要性はないからウィルスが体内に侵入し発症する確率が高くなるのではないだろうか。

 

最も、食事の食べ物にべっとりとノロウィルスが付着していては防止ができないが、乾燥したノロウィルスが空気中を漂っている程度であれば喫煙習慣と朝の痰排出で予防できるのではないかと、喫煙を続けているチンピラ親父は怪しんでいる。

 

ノロウィルスにニコチンを加えて繁殖が抑制されるかどうか調べてみてはどうか。

 

都市伝説になるかもしれない。

【政府】・・・岡田君は読みが甘い。

生活保護受給者は後発薬使用を 刷新会議でとりまとめ

 在宅医療を充実させるため医療と介護が連携する拠点を地域に整備する厚生労働省の事業については、2013年度予算で設置を見込んでいる拠点225カ所を大幅に減らすべきだとし「抜本的見直し」と結論づけた。

 ただ衆院解散・総選挙に伴い、仕分けの結果をどれだけ来年度の予算編成に反映させられるかは未知数。事業仕分けは16日に始まり、18日までの3日間行われる。<引用 産経

 


 

生活保護の医療扶助を受けている患者を扱う医師は高い薬を処方している。だから、同一効能の後発医薬品を使えばよいという結論に達するのは理解できる。

 

しかし、無駄である。

 

医療扶助をうけている生活保護の患者は一部負担金を自ら支払っていないから、医者の処方する薬剤に文句はつけない。

 

医者が生活保護の患者にジェネリックしか処方できないとなれば、医者は病名を追加して薬の種類を増やせばよいだけである。

 

患者も馬鹿ではないから、必要ない薬は飲まないに違いない。

 

過剰な薬の処方に繋がれば、生活保護の患者が薬をネット販売等するはずだ。

 

それが面倒くさいとなれば、いずれパチンコ屋の景品交換所みたいに薬局の裏に窓口ができるに違いない。

 

医者も薬屋も生活保護の医療扶助者も多いに潤うと怪しんでいる。

 


 

 

【服用】・・・チンピラ親父お勧め記事

お勧め記事は「薬の誤服用・過剰投与 高齢者、認知症の人はリスク多い」だ。

 

チンピラ親父がいつも思っている医者と患者と薬の関係が良く分かる。そしてそれは、認知症という病気と社会保障における医療費の増加と税金ということまで関連して考察すべき内容の入口でもある。

 

医師は病気の専門家で薬剤師は薬の専門家である。ということは医師は薬の専門家ではない。薬剤師は病気の専門家ではないということである。

 


 

医師が処方する薬剤は用法・用量・効能・禁忌等を考慮されて行われる。しかし、患者にその薬が合うか合わぬかは使ってみなければ分からない。医師が処方する薬が正しいとは限らない。

 

薬は夜寝る前に飲んで、体の負荷が少ない時に吸収させる

べきではないかと思うのだが、朝昼晩の食後などというのが一般的用法だ。しかし、朝から昼は6時間、昼から夜も6時間、夜から翌朝まで12時間というのはおかしくないだろうか。

 

昔、風邪を引いてよく行っていた主治医は6時間毎の処方をしていた。それには説明があって、「今、体温が高めであるが、この薬で熱を上げ体内のビールスを減らす。よって、体温を高めに維持するため3日間6時間おきに薬を飲むこと」。この医師は治療方針を明確にして適切だと思った。

 

しかし、主治医が亡くなって2年前にかかった別の医師は高脂血症の処方薬について何の説明もなかった。再診時には検査結果のみの報告だけで、「同じお薬を出しておきます。」

 

馬鹿じゃないかと思いたい。検査結果は数値を見れば分かる。「どこそこまで数値が下がったら治癒したと判断し、投薬を止める」と言えないものだろうか。

 

カルテには初診日と結果を記載する欄がある。この結果欄に「治癒」などと記載しない怪しい医者が増えていると聞く。

 

医薬分業前医者が製薬会社のバックマージンを受けていたころは患者を薬漬けにしていたが、今は処方料や再診料で食っている様で中々「治癒」と記載しない医者が多くなったらしい。薬漬けはなくなったものの、いらざる薬の処方は横行しているようだ。

 

酒の呑みすぎで、胃がむかついて医者に行ったら「逆流性食道炎の疑い」「急性胃炎の疑い」などと診断されたら胃薬の処方が何年にも及ぶ可能性がある。「急性胃炎」が何年にも及ぶのは怪しいし、「疑い」は確定病名ではない。悪徳医ならそれを「慢性胃炎」と病名を変更するかもしれない。かくして、薬の長期投与が継続されるようである。

 

医療は本当に必要な者が受ければよいのであって、不必要な者は受けてはならないのである。つまらぬ症状で医療を利用するのは悪徳医に引っかかる結果にもなりかねない。それは不健康な人間を真の病気にいざなう入口でもある。

 

そのリスクを軽減するには信頼のおけるかかりつけの医師を見つけておくに限る。少なくともいらざる薬を処方される危険性は回避できるのではないかと怪しんでいる。

 


 

【誘惑】・・・所詮写真は一時のもの

チンピラ親父は美脚が大好き。

 

しかし、言っておこう。歩き方が下手では美脚でも価値など全くない。

 

写真など一時のものである。

 

女性の歩き方は人生を変える。

 

両足で一直線上を歩けるかが問題なのだ。

 

最近は歩き方が下手な女性が多い。

 

足が美脚でもガニ股は貧相である。

 

女性は歳をとると骨盤が拡がり内臓が下がり腹が出てくる。

 

更にガニ股になる。

 

男運が悪いと嘆くなかれ。

 

それは歩き方が悪いだけなのだ。

 

意識してきれいに歩け。

 

一歩一歩を丁寧に歩け。

 

大根足はシシャモ足になるかもしれないが、男運を引き寄せるに違いない。

 

歩き方で人生が変わる。

【油脂】・・・LDLコレステロールで人口統制?

 今日は自家用車の定期点検に行ってきた。購入したときに次の車検までの間の定期点検をまとめて契約すると50%OFFになるとかいうので契約していたからだ。

 

点検の待ち時間に雑誌を読んでいたら、油と脂の違いを書いた記事があった。融点の違いで、魚油、植物油、動物の脂の順で融点が高くなるという。常温で魚油や植物油は液体だが、動物の脂は固体になっている。バターなどその例だというのである。ここまでは、予備知識としてはあったのだが、LDLとHDLの話が続いて書いてあり、LDLコレステロールは欠陥内壁にへばりついて動脈硬化を起こす原因とされているが、LDLコレステロールは体の細胞が壊れた時の修復材料だというのだ。それ故、LDLコレステロールはなくなっては困るものであるとしている。

 

特に老化に伴って体を修復するためにLDLコレステロールが必要となる。このため年齢とともにLDLコレステロールの値が増加するのが普通だという。また、LDLコレステロールが一番多くあるのは頭で、体全体のLDLコレステロールの50%が脳内に集中しているというのだ。

 

HDLコレステロール(善玉コレステロール)の多い人とLDLコレステロールが多い人を比較するとHDLコレステロールが高い人の方が早死にするという統計を出していた。筆者いわくLDLコレステロールが多い人の方が長生きしている。HDL,LDLの量は気にしない方がいい。投薬治療を必要とするのは遺伝学的な脂質異常だけだといいきっていた(おそらくデブのことだろう)。

 

余り見たこともない雑誌なので、果たして真偽のほどは定かではないが一応納得のいく内容であった。

 


 

昨日は「Asahi Off」「プリンタ体85%オフ」「糖質70%オフ」だったが、今日は「SAPPORO 金のオフ」を飲んでいる。「糖質70%オフ」「プリン体50%オフ」でプリン体オフはAsahiに及ばない。と思いつつ日中の雑誌記事を思い出したところである。

 

これは厚生労働省の超ロングスパンによる人口統制ではないのかと怪しんでみた。

 

昔、HDLコレステロール、LDLコレステロールという言葉は聞かなかった。どうしようもないデブがいて、コレステロールの話が出るくらいであった。健康診断でもやせ過ぎであるとか太り過ぎという言葉はあったが、HDL,LDLコレステロールが取り上げられたのはここ30年と経っていない気がする。

 

少子高齢化社会の到来は予測されていた。これと同時に団塊の世代が60歳になった時の年金は財政的に大きな問題となることも予想されていた。

 

仮に厚生労働省が国民の脂肪摂取をLDL摂取からHDL摂取にするよう仕向ければ、老齢者の死亡率は高くなり、老人人口が減る。年金財政の負担は思ったより軽減されるはずだ。ところが、先にも触れたが、LDLコレステロールは脳に多く存在するから、この部分が減少すれば、認知症等が増えることが予想された。そこで、介護保険の創設などを企てたのではないのかと怪しんでみた。

 

医療費の伸びが大きくなったのはLDLコレステロール悪玉論が普及してからである。それと同時に要介護者が急増したのは実に怪しい。

 

医療費の大雑多な割合で慢性疾患は3分の1だと何回も書いている。医療費の急激な伸びは慢性疾患の伸びである。慢性疾患は思い当るところで悪性新生物、高脂血症、高血圧、糖尿病、痛風、肝炎、緑内障などがある。LDLコレステロールを下げる治療が行われることにより、悪性新生物での死亡率が高くなったり、糖尿病で死にいたらないがLDLコレステロールを下げたことによる身体機能の低下による死亡が増えたりしていないだろうか。

 

若者の健康志向はLDLコレステロール摂取を減らし、それがためにメンタルヘルスのものが急増しているのではないかとも怪しむことはできる。

 

LDLコレステロールを下げると厚生労働省的には世界に例を見ない急速な少子高齢化社会の中の年金分野は安定に向かう。認知症等介護を要する人間の増加により、介護に関わる雇用の確保ができる。また、医療の分野では医者の処方する薬を飲めば長生きできると思う国民にLDLコレステロールを下げる投薬をするのだから、確実に人口統制ができる。医療費は若干かかるがコストのうちである。かくして医療経営は安定する。

 

そして、財務省的には医療、年金、介護などの社会保障財源が足りないとして「消費増税法案」を出している。国の借金を減らすには財源が必要だからこちらは相乗りしただけだろう。

 

厚生労働省にLDLコレステロールによる人口統制(国民生存コントロール)が存在するとすれば、あと50年もしないうちに人口構成の修正が完了するに違いない。それが「100年安心の年金」と豪語した根拠だったのではないかと再び怪しむのである。

 

確かにLDLコレステロールを低くしHDLコレステロールを高めるような食事などをしていると、仕事をしていてもすぐ疲れる。意欲も減退しているように感じる。

 

明日から、少しLDLコレステロールを多く摂取する食事に変えてみようかと思う。

 


 

チンピラ親父は医者ではないから相談は受け付けない。あしからず。

 


 

 

 

【麦酒】・・・発砲酒で熱中症対策?

最近、スーパーで発砲酒を買い始めた。今日買ったのは「Asahi Off」である。「プリン体85%オフ」「糖質70%オフ」というラベルに惹かれて買ってしまった。

 

2ヵ月後に人間ドックを受けるから数値をセーブしようというのではない。脂質異常で数年前から引っかかっている。

 

要治療で治療を受けていたのだが、東日本大震災以後仕事の都合で病院にいけなくなってそれっきりになっている。

 

尿酸値も高く痛風発症の領域ですでに薬が処方されている。

 

こちらも同じで病院へは行っていない。薬も切れた。したがって、いつ発症してもおかしくない状態だ。

 

単身赴任で好きなものを作って食べるからどうしても栄養が偏る。好物は辛子明太子と筋子だからもはや痛風が発症しないのが不思議でならない。

 

あるいは、すでに発症しているにもかかわらず、痛みを知らないだけなのかも知れない。

 

最近は、数日前エントリーした魚のカルパッチョを食べている。夜の酒も数年前までは4合飲んでいたが、3合に減り、2合に減り1合に減ったところだが、ビールが1本追加となっている。

夏に向けビールが旨くてしょうがないが、プリン体の摂りすぎで痛風だけは発症したくはない。

 

そんな訳で「プリン体85%オフ」という謳い文句に眼が点になって買ってしまったのだ。

 

なんのかんの云いながら今日は3本目突入だから同じ気もするが、換算すればラガーの缶ビール350ml一缶分に満たないのである。

 

痛風を発症しないのは、お茶とコーヒー、オレンジ微炭酸の500mlペットボトルを毎日のみ、日中トイレ通いをしているからに違いない。

 

水分補給は熱中症対策と同じなので痛風も熱中症の一種かもしれない。

 

今年の夏の夜は発砲酒を飲んで熱中症対策をすることにした。

 

【鎮鎮】・・・「チン!チン!電車」

副題が「チン!チン!電車」と書いてあっても昔走っていた「チンチン電車」の話ではない。

 

最近は電車に乗ってもさすがに大声を出して携帯電話で通話している大バカは少なくなったが、電車の車内で携帯電話、スマホやWI-FIをブラ下げたノートパソコンなどをいじっている小バカの数が増えた。

 

問題はスマホや携帯電話の空中線電力は0.7W~0.8Wあるからメールやインターネットをする小バカが増えるのと比例して出力の総和が大きくなることだ。大バカが騒いでいるより小バカが増えると電車の電子レンジ化が進むに違いない。

 

電車内での電波発信によって飛び交う電波が一定数を超えたら「チン!チン!」と鳴るようにでもしないと、小バカ達の電波で周りの人間が焦げる。

 

都市公共鉄道には声も鎮め電波も鎮めた「鎮鎮電車」が必要に違いない。

 

【おまけ】

 

電波は非電離放射線であり、X線やガンマ線は電離放射線で共に同じ電磁波である。放射性物質の出す電離放射線は目の色を変えて騒ぐが、非電離放射線の電波を騒がないのは片手落ちという。

 

電子レンジは非電離放射線である電波のうちマイクロ波を照射している。非電離放射線はマイクロ波に限らず生態組織内で熱エネルギーを発生させ火傷を引き起すなどの非突然変異効果をもたらすとされていることを知らないらしい。

 

電波が安全だと思っているのは原子力発電が安全だと思い込んでいたのと同じである。福島原発事故以来、原発反対運動や放射性物質汚染に過敏に反応しているもの多くいるが、携帯電話の電波やスマホの電波の垂れ流しに反対していないのは片手落ちというものだ。

 

福島原発事故の放射性物質の発生する電離放射線を浴びてガンになる前に、電車内の小バカ達の電波の影響でガンになる確率の方がはるかに大きいに違いない。頭や体に何時間も電波を当てていれば小バカも大バカになる。これを救いようのないバカというに違いない。 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: